売掛金回収方法で交渉による回収

交渉についてのポイントを見てみましょう

交渉のポイントとは

売掛金回収の交渉方法について、大切なことは、相手に隙や落ち度を見せないことです。債務者は、なんだかんだと理由をつけて支払いをしていないことを正当化しようとします。その上、請求書が期日に来なかった、連絡したけど返事がなかった、等といって、債務者側の非ではないという主張をすることもありますので、未回収の際にそういった言い訳をさせない為にも、売掛金はしっかりと管理しなければいけません。

交渉によって回収を図る場合は、まず回収プランを考える必要があります。どうしたら打開案を引き出せるか、少しでも支払う気持ちにさせられるかがポイントになります。綿密な交渉プランと頭脳を使った駆け引きを必要としますので、難しいと感じる場合は、専門家である弁護士等に相談するようにしましょう。

契約書等は口頭で言った言わないで必ず後で問題になります。文書の作成は必須ですが、メモ書き等もしっかり残しておくようにしましょう。また、売掛金回収には、債権者に財産がどれくらいあるかということも関係してきますので、不動産、機械類や商品等の動産について、有形・無形の財産調査をするようにしましょう。このように、交渉による回収には様々な手段がありますので、きちんと調べてみることをお勧めします。

Previous